AppleとAmazonとGoogleでスマートホーム/Iot製品の互換性?

仕事中にラジオを聞いていたらAppleとAmazon,Googleが「スマートホーム」事業で協力するとのニュースがありました。

丁度、電話中でしたので上手く聞き取れなかったので、検索をしてみました。

アップル、アマゾン、グーグルらが連携–スマートホーム関連の新規格策定へ

Apple、Amazon、Google、Zigbee Allianceが、スマートホーム関連製品の新規格を策定・推進するための ワーキンググループを結成したことを米国時間12月18日に発表した。「 Connected Home over IP 」というこのグループは、「メーカー各社の開発業務を簡素化し、利用者のために各社製品の互換性を向上させること」との目標を掲げている。 「Google …

アマゾン、アップル、グーグルがスマート機器の共通規格策定へ

【12月19日 AFP】米国のアマゾン( Amazon)、アップル( Apple)、グーグル( Google )は18日、スマートホーム機器の共通技術規格を策定する計画を発表した。より多くのコネクテッドデバイス(インターネット接続された機器)の間で情報をやりとりできるようにする狙い。  3社は、アマゾンのアレクサ( Alexa)、グーグルのGoogleアシスタント、アップルのシリ( Siri

Amazon、Apple、Google、スマートホーム統一規格に向け協力

Amazon、Apple、GoogleとZigbee Allianceは18日、スマートホームデバイスの互換性向上に向けたロイヤリティフリーの共通規格を開発する「Connected Home over IP プロジェクト」の結成を発表した。 スマートホームやAmazon Alexa、Apple Siri、Google …

と、他にもまだまだ見つかりましたが上記のようなニュースが出てきましたので、訳された日本のサイトばかりを読んでみました(僕は英語が読めません)

ざっくり言うと、AppleとAmazonとGoogleが協力してスマートホーム関連製品の新規格を策定すると言う事らしく、今までAmazon Echoで操作できたけど、GoogleHome(GoogleNest)では、操作できなかったりしたのが新規格では、どのスマートスピーカーからでも操作できるようになるらしい。

ここでちょっと気になったのが「新規格」です。

スマートハウスの規格として現在発売されているHEMSのECHONET Liteでつなげるエアコンが多く発売されていますし、スマートハウスのスマート電力メーターもECHONET Lite AIF認証です。

僕は現在賃貸アパートですので、スマートホームにはなりませんので、現在付いている家電を、赤外線リモコンで操作する⇒家電リコモンで屋外やスマートスピーカーを通じて操作していますが、今後新規格がどんな風に変わっていくのか注視していかなきゃいけないかなと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です