温度センサー内臓【Nature Remo Mini】スマートリモコン

Nature株式会社から発売されているスマートリモコン Nature Remo Mini

上位機種のNatureRemoと比べると湿度センサー、照度センサー、人感センサーが無いタイプですが、お安いタイプのNature Remo Miniの紹介です。

Nature Remo Mini

Nature(株)から発売されているスマートリモコンです。

Nature Remo Mini

大きさは、NatureRemoより少し小ぶり。

NatureRemoと同様で、今まで使っている家電を買い替えをしないで、メーカーや型番・年式などに関係なく、赤外線リモコン付きでしたら、操作できます。

曜日・時間

曜日や時間を設定しておけば、起床のタイミングにあわせてテレビを自動でオンする事ができます。

照明と音楽が掛かるようにして、目覚まし代わりに使ったりも出来ます。

温度

Nature Remo Miniは、温度のセンサーが内臓されていますので、ネコちゃんがいるお宅などで、留守の時にも28℃以上でエアコンを自動でオンさせる事もできます。

暑くてもエアコンを点けない離れて暮らす高齢の両親の健康管理にも使えると思います。

室内干しにエアコンをお使いの方の場合は、湿度センサーがあった方がいいかもしれません。

GPS

スマホのGPS機能と連動させ、自宅に近付くとエアコンを自動でオンさせる事ができます。

寒い季節や暑い季節でも、帰宅した時に快適な室温になっているのは便利です。

照明を連動させるのもいい感じですね。

音声で家電を操作

GoogleNest や Amazon EchoAppleHomePadなどのスマートスピーカーと連携させると、声で家電を操作できるようになります。

Nature Remoのしくみ

Nature RemoにはWi-Fi機能と赤外線通信機能が搭載されていて、スマートスピーカーやスマホからRemoを通じてエアコンやテレビなどの家電を操作する事ができます。

モデル比較

この記事で紹介しているのが、右側のRemo Mini

湿度センサーと照度センサー人感センサーが内蔵されていない分、少し小さいです。あと、USB電源プラグも内臓されていないのと、設置方法が壁掛け穴だったりします。

まとめ(僕個人的にオススメの理由)

このNatureRemo が僕個人的にオススメな訳は、エネルギーマネージメントの為のSmart Enagy HubのRemoEと一緒に使う事で、家電がきちんと働いているか確認できる拡張性がある事。

僕が自宅のアパートをIot化をしている理由は、生活を便利にするだけでなく、「暮らしをサポートしてくれるインテリジェンス」を追求したり「省エネルギー」を追求したりするスマートハウス化の一部ですので、NatureRemoE(Elite)と連携させられることが、オススメの理由です。

現在、自宅と事務所に他社製品の家電コントローラーを購入したばかりで今後どのような使い方をしていくか考えないとデッドストックばかりになってしまいますので、すぐには購入できませんが、Nature RemoE liteを予約してありますので、遅かれ早かれ購入を予定しています。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です