照明をIot化するとちょっぴり便利!スマートリモコンと接続

照明
照明

僕の住む自宅アパートには、入居時から照明器具がついていて、倉庫もいっぱいなのでリモコン付きの照明器具に変えても置いておくところがないので、そのままのひも付きの照明器具のままになっています。

ですので、自宅アパートでは無くて事務所の天井照明(シーリングライト)をスマートリモコンを使って操作しています。

天井照明のIoT化

事務所の作業室の天井照明は壁スイッチで操作する見るからに事務所の天井灯と言う感じの照明器具でしたが、以前リフォーム先で使っていた照明をもらってた物を使っていたため、あまり調子が良くないのと省エネを考えたいと思いLEDタイプの天井照明と取り替えました。

蛍光灯からでも電気代が少し安くなります。

もともと使っていた壁スイッチもありますが、リモコンでの操作でON/OFFだけでなく、調光/調色もできるので、薄暗くなってきたらほんの少しだけ明るくして…なんて使い方もできます。

リモコンは、テレビやエアコンと同じく赤外線リモコンですので、スマートリモコンを設置してIoT化したスマート家電として生まれ変わります。

スマートリモコン

Nature Remo mini
NatureRemo mini

TVやエアコン、照明など機器それぞれ操作をしていたリモコンを一台にまとめることができるのが『スマートリモコン

「スマート家電リモコン」や「家電コントローラー」などとも呼ばれます。

赤外線リモコンで操作をするエアコンであれば、『スマートリモコン』を設置しスマホアプリ等を使って設定、連携すれば、スマホアプリをアプリを使って電源のON/OFFやタイマー設定、外出先からの操作もできるようになります。

自宅で使っているのは、ラトックシステムのRS-WFIREX3ですが、事務所で使っているのはNatureRemoのNatureRemo(2nd Generation)。現在では両機種とも新製品が出ていますが現在でも全く問題なく動きます。

スマート家電リモコンRS-WFIREX3が面白い【ラトックシステム】

簡単設定で家電操作できるスマートリモコン【NatureRemo】は快適便利です

その他にもLinkJapanや中部電力など様々なメーカーから発売されています。

できること

照明とスマートリモコンを連携させるとできることを紹介します。

スマホアプリで操作

スマホのアプリから照明の操作ができます。しかし事務所内にいる時は付属のリモコン以外では、下記で紹介するスマートスピーカーを使っての音声操作が一番多いので、あまり使っていません。

ただしリコモンを紛失癖のある方にとっては、すごく便利なのかな?とおもったりします。

外から操作

エアコンのようにスマホアプリを使って外出先から操作もできますが、僕の場合、あまり使っていません。

使い方としては、

  • 一人暮らしの方が留守を悟られないように照明を点けておく
  • 帰ってきて、真っ暗で真っ暗ですと家の中で転んだりと危険なので帰宅前に照明を点ける。

くらいがあると思います。

あとは、照明のON/OFFの状態が確認できる機種もありますので、消し忘れてしまった時に外出先から照明をOFFする事もできますし、高齢者だけで暮らす実家の安否確認とまでいきませんが、照明の点灯状況を確認することなどもできます。この使い方は結構便利なのかもしれません。

タイマー設定

僕の使っている照明器具のリモコン自体に30分/60分のOFFタイマーは、ありますがONタイマーはありませんので、予定時間に照明を点灯される事ができません。家電リモコン(スマートリモコン)の機能のタイマーやスゲジュールを使う事で、まだ外が暗い時間に起きる方が目覚ましと一緒に照明を点灯させて…と意外と目覚めの良い起き方ができるので、そのような使い方ができます。

一括操作ができる

これは、エアコンやテレビなどをスマートリモコンと繋いでIoT化した時も同じですが、朝起きて、照明・エアコン・テレビなどのそれぞれオンして…と言う動作をスマホアプリを使って設定すると、ボタン一つで一括操作できる機能があります。

夜も、照明・テレビ・エアコンのオフなどの一括操作の設定も可能です。

スマートスピーカーと連携させることで、「おはよう」などの発声で家電機器をオン。「おやすみ」で家電機器をオフなど設定次第で様々な使い方ができます。

機種によってできること

メーカーやシリーズ、機種によってできる場合、できない場合があります。

スマートスピーカーと連携して音声操作

Amazon echoやGoogleHome、Siriなどのスマートスピーカーに対応したスマートリモコンの場合、「照明を点けて」や「照明を1つ暗くして」などスマートスピーカーに呼び掛けて操作をする事が可能で、パソコン机に向かって作業をしたままで操作できてとっても便利です。

ただ、うちの父から見ると『ただの横着物!(笑)』と言う感じらしく『照明くらい一回立ち上がって、点けろ!』と度々言われます。

確かに運動不足になっている感は否めません。

まとめ

今回は「照明をIot化するとちょっぴり便利!スマートリモコンと接続」の記事でした。

僕が事務所の天井に取り付けてあるLED照明をスマートリモコンと連携してIoT化をし、コントロールしてみましたが、あまり使わない感じがします。

LED照明に赤外線リモコンがついていたから連携した…と言う感じです。

自宅なら、起床時や就寝時、留守時の防犯対策など様々な使い方がありますので、今後機会を作って試してみたいと思います。

赤外線リモコン付きのLED照明を設置されている方でしたら、IoT化は比較的簡単にできると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です