【ATOM Cam Swingレビュー】使いやすさそのままに首振り機能追加!

4 min
ATOM CamSwing

事務所の防犯の為にATOM Camを使いはじめましたが、機能の豊富さ、使い勝手の良さ、設定の簡単さ、価格などがとても気に入って、ATOM Cam、ATOM Cam2、ATOM Sensorと立て続けに購入し、普段カメラを置く必要のないところまで配置するようになってしまいました。

ATOM CamとATOM Cam2は固定式のカメラでしたので死角をなくすためにもう1台のカメラを設置していましたが、首振りができるATOM Cam Swingが発売されましたので、使いはじめました。

別部屋にいる子供の見守りや、留守の時のペットの見守りなど、固定式のカメラでは見られなかった部分が見れられる、とても便利なカメラです。

ATOM Cam Swing

アトムテック株式会社から発売された、防水、首振り、カラーナイトビジョン搭載のAIネットカメラです。

ATOM公式サイトから製品仕様を引用しましたが、長くなってしまうのでご覧になっていただける方は右下の【+】を押してください。

製品仕様

製品名ATOM Cam Swing(アトムカム スイング)
カラーホワイト
仕上げマット
本体サイズ高さ:122.5mm
幅:53mm
奥行:53mm
重量本体のみ:254g
パッケージ含む:405g
同梱電源ケーブルの長さ1.8m
取付方法1/4インチ三脚ネジ方式の(別売り)ブラケット、カメラマウントなどで天井・壁などに取り付け可能
ポート1 micro USB
電源アダプター入力100-240V(AC/DC)
電源アダプター出力5V/2000mA
CPU1.5GHz Edge AI対応
メモリ128MB
解像度1920×1080(1080p)
カメラレンズ:F値 F1.6,焦点距離 2.8mm
イメージセンサー:1/2.9’ CMOS
デジタルズーム:8x
画角120°
ナイトビジョン4個のIR LED(850nm)+IRカットフィルター
IR(赤外線ナイトビジョン、昼/夜モード自動切り替え)、最大9m
ビデオH.264
昼モード:20FPS
夜モード:15FPS
オーディオ内蔵スピーカー&マイク
2-way audio
ノイズ&エコーキャンセレーション
首振り範囲水平:360°
垂直:180°
アラートスマートフォンにプッシュ通知
クラウドストレージモーション検知時に、イベント動画を自動でクラウドに録画保存 (日本AWS Cloud)
録画仕様:1クリップ12秒間、最短5分間隔、14日間ローテーション(※1)
セキュリティEnd-to-end encryption
HTTPS secure transfer protocol
AES 128-bit encryption
ローカルストレージmicroSDカード(8GB, 16GB, 32GB)FAT32
データ使用量SD画質:1〜4MB/分、HD画質:4~8MB/分
互換性Alexa、Google Assistant
Wi-Fi802.11 b/g/n 2.4GHz (5GHz サポートしません)
WPA,WPA2プロトコル
接続要件アップロード速度:1.0 Mbps(SD画質)/1.5 Mbps(HD画質)
システム要件iOS 10.0以上、Android 8.0以上
動作温度作動時:-20°C〜55°C
保管時:-40°C〜70°C
耐候性室内/室外対応(防水 IP65)
同梱物ATOM Cam Swing本体
クイックスタートガイド
1.8m USBケーブル
電源アダプター(防水非対応)

※1 録画時間を無制限とする有料オプション「クラウドモーション検知“無制限”録画サービス」有り(月額税込500円)

引用:ATOM公式サイト

同梱物は、電源アダプター(左上)、1.8m USBケーブル(左下)、ATOM Cam Swing(中央)、クイックスタートガイド(右)の4点です。

本体は、ATOM CamやATOM Cam2の下側にベース部分が追加された形ですので、今までのカメラより体積的にはおよそ倍の大きさです。

左端から右にATOM Cam Swing、ATOM Cam2で右端がATOM Camです。

大きさがこんなに違いますが、他社の首振りカメラと比べれると同じようなサイズだと思います。

特徴

首振りしないATOM CamとATOM Cam2も使い勝手の良い便利なネットカメラでしたが、ATOM Cam Swingの特徴はこちらです。

高速首振り

上下左右、自在に3D回転。部屋のどこにいてもたった3秒で追いつき、はっきりと捉えます。

AI自動追跡

モーション検知及びスマホへのアラート機能に加えて、AIによる賢い検出機能も追加。

画像内の動きにもフォーカス枠が表示され、高速首振りによって自動追随。
いつでもどこでも自宅、赤ちゃん、ペットがスマホで確認可能。

完全防水防塵

完全防水防塵(IP65対応)で屋内と屋外、どちらでも使用可能

双方向同時通話

10メートル先まで聞こえる音声機能で猫をからかったり、笑わせたりすることができます。

どこにいてもあなたの声は、側にいると同じように届けることが可能です。

ATOM Cam Swingのレビュー

最初に設定をしますが、スマホのアプリ通り行えば初めてスマートカメラを設定する方でもすごく簡単に設定できますので、ここでは割愛させていただきます。

スマホとWi-Fi(2.4GHz)が必須です。

設定が終わると

アプリの設定を始めて終わるまで数分で完了しますので、本当に簡単です。

最初は、LDKの対面キッチン上のレンジフードの上に載せてみました。

首振り

画像編集ソフトの【ノイズ付加】を使って少し見にくくしていますがご了承願います。

ATOM Cam Swingは首振りできますので、スマホのアプリから操作することでカメラの向きを調整する事が可能です。

それに加え、自動追跡設定でアプリでの操作をせずに自動に追跡する事も可能です。

設定画面の【モーター設定】⇒【自動追跡タイプ】を順番にタップをすると【自動追跡】か【人のみを追跡する】を選ぶことが出来ます。

こちらは面白いように追跡してくれます。

以前からある、スマートフォンにプッシュ通知をするアラートでも、追跡をした画像をプッシュ通知してくれます。

現在、【人のみを追跡する】に設定してありますが、窓から入ってきた光(車のライト)などをアラートする事も多いのが気になります。

Amazon Echo Show5で見る

ATOM CamとATOM Cam2でもやっていましたが、スマートスピーカーのAmazon Echo Show5でATOM Cam Swingの画像を見る事もできます。

画面のタップでもいけますし、音声で『Alexa、ATOM Cam Swingを見せて!』で画像が表示されます。

スマホを立ち上げるのが面倒だったりする時に、ディスプレイ付きのAmazon Echoがあれば便利ですが、スマホのアプリの様にカメラの方向を調整する事ができないのがちょっと残念です。

あと、ATOM Cam2以降パソコンの画面から見られなくなったのも残念です。

ATOM Cam Swingがおすすめの人

ATOM Cam Swingを実際に使ってみて感じたおすすめの人は『設定が簡単な首振りできるネットカメラを探している人』です。

ATOM Camから何台かのカメラを使っていますが、新製品が発売されるごとに使いやすさはそのままに、どんどん進化しています。

僕としても、折角の防水防塵性能を活かすという事を考えると駐車場を管理するカメラとして使った方がいいのかもしれませんので、少しづつ使い方を考えてみたいと思います。

ATOM Cam Swingレビューのまとめ

ATOM Camからはじまり、ATOM Cam2、ATOM Sensorに続き、自宅、事務所、実家の見守りようにどんどん増えてしまっていますが、死角が減ってきている感じがします。

従来だったら死角を減らすために複数台のカメラを設置する必要がありましたが、首振りする事とAI自動追跡もあり、少ない台数で見守ることができるようになり、本当に便利です。

欲を言えば、パソコンから見られるようになったり、ディスプレイ付きスマートスピーカーからカメラの方向の調整ができればいいなと言う事がありますが、本当に便利なカメラです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。