【中部電力カテエネレビュー】省エネのヒントが分かるのWEBサービス

この『自宅Iot化計画』の目的の中で欠かせない一つが【省エネルギー】を追求する事。

便利や快適を求めると、どうしてもエネルギーを多く使ってしまいそうなので、その部分も考えて先日、Nature Remo E liteを予約してしまいました。

エネマネの為の【Nature Remo E lite】が特別価格

しかし、エネルギーの見える化をする機器を導入してまで大掛かりに考えていない方や、省エネルギー化をしたいけれど何から手を付けたらいいのか悩まれている方に

中部電力管内(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)にお住まいで、中部電力の電気をお使いの方(お客様番号をお持ちの方)

に限りますが、無料で登録できて省エネのヒントを教えてくれたり、電気の使用量が見えたり、おまけに電気代のお支払いにも使えるポイントも貯まるWEBサービス【カテエネ】を紹介します。

僕も自宅・事務所ともに登録して使っていますが、絶対にオススメのサービスです。

カテエネ

中部電力と電気契約をされている方でしたら誰でも無料で登録できるWEBサービスです。

テレビのCMも流れていますね。

上記にも書きましたが、中部電力管内にお住まいで中部電力の元気をお使いの方のみのサービスになりますが、逆に中部電力の電気を使っている方は、登録しないと勿体ないサービスです。

使った電気代に対してもポイントがつきますので、ホントお得です。

何ができるの

中部電力のお客様番号を用意してカテエネに登録した後には、いくつかのサービスがありますが、僕が使う事の多い機能を紹介します。

使用量・料金実績

省エネ活動・節電・節約に一番役立つと思われるのがこの使用量・料金実績です。

前年同月比や日々の実績がわかります。自宅アパートは従量電灯Bという契約ですが、事務所はオール電化で時間帯別電灯(時間によって電気代が違う)契約になっていますので、ナイトタイム、デイタイム、@ホームタイムそれぞれの時間にどれくらい使っているか把握できるようになっています。

例えば朝3~4時に使う電気が増えてるのはエコキュートがお湯を沸かしているタイミングです。

この日は0~2時、5時~6時、19~23時はほぼ同じくらいの使用量ですが、事務所は不在で照明も暖房も使っていないけれど、使っている電気は冷蔵庫や24時間換気システム、その他待機電力などです。

7時から18時は事務所にいて、パソコンや照明、灯油ファンヒーターの電気だったりですが、7時が少し大きく出ているのが、事務所に到着してすぐにIHクッキングヒーターでお湯を沸かしている時間なのかな?って思ったりします。

気温によってエコキュートの沸き増しの使用量や冷暖房の使用量が増えたりとこのグラフを見ると色々なことが見えてきます

家電使用レポート

最初に自宅の家電を登録すると電気の使用量をおおよそ振り分けをしてどこの何%使っているかを表示してくれます。

賃貸アパート住まいだったり、HEMSを取り付ける予定の無い方、Nature Remo E (lite)などの購入を予定していない方にもオススメできる機能のです。

HEMS機器やNature Remo E(lite)などを使えば、もう少し詳しく(正しく)使用家電や使用量の把握ができますが、この機能は色々な事を知る事ができると思います。

アドバイス

カテエネポイントをためる」の中に⇒「電気のご使用実績・コラムのチェックでためる」と言うコーナーがあります。

コラムは省エネのヒントなど、チェックは使用量や実績についてなどですが、読めば省エネや節約になるヒントがいっぱい詰まっています。

毎月更新されるのですが、それを読んだあとどれくらいタメになったか星を選んで送信すると10ポイントほどポイントが付与されます。

省エネ・節約になるヒントをもらえるだけじゃなくて、ポイントももらえる一石二鳥のコーナーです。

省エネ効果シュミレーション

家電の省エネ効果シュミレーションをしてくれるコーナーもあります。

このコーナーの内容は、「家電の省エネ効果シュミレーション」

いろいろな家電についての省エネ効果などなど、エコ診断をする時に受診者の方に説明するのに使わせてもらったりします。

使えるポイント

アンケートやアドバイスなどで貯めたポイントを

  • 電気料金支払いに利用(充当)する
  • 他社のポイントや商品券への交換に利用する

などお得に使えます。

【中部電力カエテエネレビュー】まとめ

テレビCMの通り、中部電力の電気をお使いの方でしたら申し込みは必須なWEBサービスです。

まずは、【カテエネ】のサイトに行ってみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です